下眼瞼脱脂術について

涙袋、若いうちは欲しいと思っている人が多いと思います。最近は涙袋を形成する施術もあります。ただ、この涙袋は加齢とともにたるんでくる可能性もあり、特に脂肪の多い人は目の下がぷっくりとたるんできて重たい印象になってしまう事があります。それを解消できる施術が下眼瞼脱脂術というものです。

下まぶたを切って脂肪を取り出します。そうする事で余分な脂肪が除去されるので、目元がすっきりします。涙袋がもともとない人でも、加齢とともに目の下が膨らんでたるんでくるという現象は起こります。
そういった人もこの施術で脂肪を取除きます。 切る際は、表側から切る方法と裏側から切る方法があるとされていて、クリニックにより施術法が異なるので確認してください。

傷痕は裏側の方が目立たないので、裏側を希望する人が多いです。最近は切らずに脂肪を取除く方法を行っているクリニックもあります。 目元の印象が重たくなっていたり、疲れている感じになっている人は、この施術で目元がすっきりすると若々しく見えます。

脂肪を取り除く事で目元がすっきりするのですが、デメリットが無いという施術ではありません。場合によっては、しわが目立ちやすくなると言われています。また1回除去しても再び同じ状態になる可能性もあると言われているので、施術の際は先生とよく相談しましょう。

美容皮膚科の治療法

美容皮膚科では様々な治療方法があります。切る施術もあれば切らずにできる施術もあります。プチ整形と言われるものもアンチエイジング効果が期待できる施術が沢山あります。シワを消すための注射などが有名です。ボトックスという菌をシワのある部分に注入します。注射による施術は、持続力が短いですが、初めて施術を受ける人にとっては受けやすいです。もとに戻ることが分かっているので、万が一失敗してしまう事があっても一生その状態というわけではありません。

プチ整形でももとに戻りにくい施術もありますので、まずは施術によるメリットやデメリットをきちんと把握しましょう。自己責任で受けるものになりますし、顔などは毎日鏡で見ますから、失敗してしまっては大変です。施術件数が多い美容皮膚科、口コミで評判が良いところなどを選びましょう。手軽に受けられる施術でおすすめなのが、美肌レーザー治療や美肌光治療です。これらの場合は、ダウンタイムもほぼ無しで、回数を重ねていく毎に肌がきれいになっていくのを実感できます。

シミやシワ、たるみなどに効果的な光治療やレーザー治療があります。皮膚科によって使用している機器が異なるので、どのような機器で施術をしているのかまずは調べてみてください。

エイジングケアが大事

アンチエイジング、いつまでも若くきれいで健康でいたいという人はすでに取り組んでいるのではないかと思います。一番に思いつくのは化粧品でのお手入れではないでしょうか。お肌の曲がり角と言われるのは25歳くらいとされていますが、このころからエイジングケア化粧品を使っている人もいれば、30代になってからエイジングケア化粧品を使う人、30代半ばになって慌てて使い始める人など様々だと思います。

肌の老化と関係しているのが活性酸素ですので、食事などで抗酸化成分を摂取してアンチエイジングに取り組んでいる人もいるでしょう。また運動をして筋肉をつけて体型を維持したり、サプリメントを飲むなどといった方法もあります。老化していくという現象は誰にでも訪れるものですが、そのスピードを遅くすることは可能です。肌の老化は見た目でとても分かる部分ですから女性なら皆さん気にされると思います。

肌の悩みで多いのが、シワやしみ、そしてたるみでしょう。これらが現れるのは肌の老化によるものです。化粧品も進化しているので、化粧品でお手入れすることで肌の老化を食い止める事もある程度は可能ですが、やはり本格的にケアしていきたいというのであれば、美容皮膚科や美容外科などでの施術がおすすめです。美容皮膚科の先生は、お肌のプロです。肌の事を知り尽くしていますので、その人の肌に応じた最適な施術を紹介してくれます。切らなくてもできるアンチエイジング術も増えていますので、まずは相談してみましょう。

参考|美容皮膚科って何??|レーザー治療専門 – 美容皮膚科シロノクリニック